ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法

HOME > ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法
ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法(以下「ボトックス手術」と称する)とは?
難治性過活動膀胱への治療方法

過活動膀胱に対して通常は行動療法や薬物療法で治療を行なっていきますが、これらの治療を少なくとも3ヶ月間継続しても改善がみられない場合や、副作用などで治療の継続が難しい場合は難治性の過活動膀胱と診断されます。
難治性の過活動膀胱の治療方法として、ボトックス手術が検討されます。
今福鶴見のかねみつクリニックでは、ボトックス手術を日帰り手術として行っております。

膀胱の筋肉に注射して異常収縮を抑制

ボトックス手術とは、ボツリヌス菌によって生成されたタンパク質(A型ボツリヌス毒素)を基に作られたお薬で、これを膀胱の筋肉に注射することで膀胱の異常収縮を抑制します。
(ボツリヌス菌を注射するわけではないので、感染の心配はありません)
ボトックス手術は2020年4月に保険適用となっており、難治性過活動膀胱をはじめ、神経因性膀胱など様々な疾患に適応されており、国内だけでなく世界中の様々な国で行われている安全性の高い治療方法です。

ボトックス手術の効果は?

ボトックス手術は、主に難治性過活動膀胱に対して行われます。
神経因性膀胱も治療対象となりますが、難治性過活動膀胱の治療として行われることの方が圧倒的に多いのが現状です。
ボトックス手術は、難治性過活動膀胱の症状の改善が期待できます。

改善が期待できる症状
尿意切迫感

我慢できないような尿意が突然生じる症状で、過活動膀胱の患者様には必ずみられるものになります。

切迫性尿失禁

急に尿意を感じてトイレに行きたくなっても、間に合わずに漏れてしまいます。
この切迫性尿失禁がある過活動膀胱は、尿もれが心配で日常生活に支障を来たす場合があります。

頻尿

昼間頻尿と夜間頻尿があり、日中に8回以上排尿する場合を昼間頻尿、就寝中に1回以上、排尿のために目覚める場合を夜間頻尿と言います。

効果の発現・持続期間

ボトックス手術の効果は、通常、治療後2~3日程度で現れて、4~8ヶ月程度続くとされています。
治療により効果が得られる人の割合は全体の約8割と言われています。

保険適用で再治療が可能

ボトックス手術は完治を目指した治療法ではなく、あくまで対症療法ですので、効果がなくなれば改めて治療が必要となります。
治療後4ヶ月経過していれば、再度、保険適用で治療を受けることが可能です。
症状が強く現れやすい冬場はボトックス手術で症状を抑えて、尿量が減少する夏場は薬物療法で対応するというハイブリッドの治療方針もご提案することができます。

ボトックス手術の特徴は?

ボトックス手術には次のような特徴があります。

日帰り手術で受けられる

当院ではボトックス手術を日帰り手術で行っています。
入院の必要がなく、日常生活の延長線上で専門的な治療が受けられます。

保険適用の治療

ボトックス手術は保険適用の治療方法ですので、1割負担で2万円前後、3割負担で5~6万円程度の治療費となります。

4ヶ月経過すれば再治療が可能

治療後4ヶ月以上経過して症状が再発して来た場合、再度保険適用で治療を受けることが可能です。

手術そのものは10~20分程度で終了

膀胱の筋肉への注射は10~20分程度で終了します。
手術時には麻酔を使用しますので、痛みは心配ありません。
ご来院からご帰宅まで、トータル1時間程度の治療となります。

ボトックス手術の内容は?
膀胱の筋肉へ薬を注射

事前に麻酔をしっかり効かせた後、膀胱内視鏡(膀胱鏡)を尿道から挿入して、膀胱の筋肉へ20箇所に薬を注射します。
これにより膀胱の筋肉が緩められ、膀胱の異常収縮が抑制されます。
(※ボトックス手術の流れについて詳しくはこちら