当院の特徴

HOME > 当院の特徴

かねみつクリニックの特徴

気軽に尿もれ(尿失禁)などの症状を相談できる

今福鶴見にあるかねみつクリニックでは泌尿器科の専門医が、皆様の様々な尿のお悩み・トラブルにお応えいたします。
尿もれや頻尿・夜間頻尿、尿が出にくい、尿の勢いが弱い、1回の尿の量が少ないや尿を出し切るまでに時間がかかるなど気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

症状に合わせた過活動膀胱の治療が可能

尿もれや頻尿などの症状がある場合過活動膀胱の可能性があります。
かねみつクリニックでは過活動膀胱に対して行動療法や薬物療法など一般的な治療を行うと共に、難治性過活動膀胱に対するボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法(以下「ボトックス手術」と称する)を行っています。
難治性過活動膀胱のうち、特に切迫性尿失禁の症状がある方にとって、ボトックス手術は非常に有効な治療方法となります。

ボトックス手術を日帰りで実施

ボトックス手術は保険適用の治療で日帰り手術として受けられます。
通常ご来院してから約1時間程度でご帰宅いただけます。(治療そのものは10~20分程度で終わります。)

丁寧な診察・的確な診断

ボトックス手術が適応かどうかを判断するために、まずは丁寧な診察を行い患者様の今の状態を把握します。
そのうえで過活動膀胱症状スコア(OABSS)や尿検査などの必要な検査を行い、的確な診断をいたします。
また、ボトックス手術を行うとなった場合には、きちんとわかりやすくリスク・副作用についてご説明いたします。

麻酔を使って治療時の痛みを軽減

ボトックス手術は膀胱の筋肉へ注射する治療ですので、痛みを心配される方もおられるでしょうが、膀胱内に痛み止めの薬液を浸す麻酔(浸潤麻酔)や仙骨からのブロック麻酔(硬膜外麻酔)を使用し痛みのコントロールを行い、できる限り痛みを感じない状態で治療いたしますので、痛みが心配な方も安心してご相談ください。

治療後は定期的に診察

ボトックス手術を受けた後は、副作用などを確認するために定期的に診察をに来ていただきます。
稀に尿路感染、残尿の増加、尿閉などの副作用が起こる場合がありますので、異変をお感じの際はすぐに当院へご連絡ください。

診断のための機器が充実

過活動膀胱などの泌尿器科疾患を的確に診断するための検査機器を導入しています。
普段通りお手洗いするだけで排尿の状態が測定できる尿流量測定装置(ウロフロメーター)、細径で挿入時の痛みが抑えられるオリンパス社製の膀胱内視鏡(膀胱鏡)のほか、超音波診断装置(エコー)などの機器が充実しています。

女性の患者様も気軽に受診

当院へは男性の患者様だけでなく、女性の患者様もたくさん受診されていますので、受診をためらわれている女性の方も、安心して来院していただけます。
尿もれのうち、特に腹圧性尿失禁は女性に多い症状ですので、症状でお悩みでしたらためらわずにご相談ください。